ECCRNについて

About the ECCRN

ECCRNは2018年にデイビッド・ブルースター(龍谷大学)と相澤育郎(立命館大学)によって創設された、犯罪や逸脱、犯罪統制を研究している若手研究者のための学際的なネットワークです。

 

ECCRNの主要な目的は以下の6つです:

  1. 若手犯罪研究者の研究支援とキャリア促進のための機会の共有

  2. 研究者仲間との交流を促進する友好的で社会的な環境の提供

  3. 共同研究の促進

  4. 日本または海外に住んでいる外国人若手研究者との連携

  5. 日本における犯罪研究の国際化の促進

  6. 日本における犯罪研究のフィールド拡大と促進

 

このネットワークは、特定の学会からの後援を受けていません。学際性という精神のもとに、多様な分野的背景を持った人々に広く参加は開かれています。ここには、社会学、法学、心理学、歴史学、政治学、哲学、人類学、そして生物学などが含まれますが、これに限るものではありません。

 

“若手研究者”とは、以下の基準のうちどれか1つを満たしている者を指します。

  • 高等教育機関の大学院に所属する者

  • 博士課程(PhD)修了後5年以内の者

  • 40歳未満で大学または研究機関で働く者

基準を満たしていれば、修士課程および博士課程の学生、リサーチ・アシスタント、専門研究員、博士研究員、ならびに助教などの身分は問いません。

 

同時に、上記基準に当てはまらない大学教員、実務家、政策立案者などの中で、このネットワークを支援し、ECCRNのサポーターとなってくださる方を募集しています。

 

ECCRNのメンバーもしくはサポーターとなることに関心がおありの方は、下のリンクをクリックし、フォームにご記入ください。

©2018 ECCRN JAPAN

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now